カジノの支払い方法に関するガイド

オンライン・カジノへデポジットするのに、手っ取り早い方法は何だろうか? それをここでご紹介しよう。オンライン・カジノでは、プレイヤーはお好みのカジノゲームを自分の家でヌクヌクとプレーすることができる。オンライン・カジノのプレイヤーは、まずこのようなインターット式のカジノ場に口座(アカウント)を開設してお金をデポジットし、スロットマシーンからオンライン・ポーカーまで様々なゲームに興じる。「カジノ・デポジット・メソッド(方法)」というのは一般的な単語で、オンライン・カジノのギャンブラーが自分の口座にお金を投入する様々な手段を指す。

カジノの支払い方法に関するガイド

イギリスや世界の各国と日本におけるオンライン・カジノやそのプレー方法に関する法律の相違により、日本のオンライン・カジノのギャンブラーが使える口座へのデポジット方法はやや限られている。以下、日本やイギリスそして様々な国で用いられる口座へのデポジット方法を紹介しよう。

ibanqアイバンク

アイバンクは、スピーディーで、安全でかつ使いやすいインターネット上の支払いサービスであり、一日24時間いつでも使え、業者と顧客をつなぎウェブ方式の支払いを実現する

アイバンクは東京に本社を置く、電子・インターネット関連会社の楽天により運営されている。三木谷浩史と呼ばれる人物が1997年2月に設立した。同社は当初MDMという名前であったが、1999年に楽天に社名を変えた。日本語では「楽天」は「楽観的」を意味する。2012年までに同社は収入46億ドルを誇るようになり、1万人以上の従業員を擁する。

アイバンクの使用方法

楽天により開発された支払システムのアイバンクは、極力シンプルに使用できるよう設計されている。

アイバンクの顧客になるには、最低一つ日本の(一般の)銀行口座を持ち、アイバンクのアカウントへつながなくてはならない。もちろん、複数の口座にリンクさせることも可能だ。アイバンク上では、他の支払い方法・・・例えばクレジットカード、デビットカード、あるいは他のe決済・・・は使うことができない。日本における一般の銀行口座経由のみである。

銀行口座をアイ・バンクへつなぐと、すぐにギャンブル用に資金を動かすことができる。なお手数料は課されない(アイバンクは手数料を業者側から取っている)し、逆に銀行口座の方へ資金を戻すこともすぐ出来、こちらも同じく無料だ。

これで、プレイヤーはオンライン・カジノを遊ぶためにカジノ業者に支払いが出来る(なおアイバンクの使途はこれに限らないが、主にこのために使われている)。

credit-cardクレジットカード

もはやどの国、どの通貨でも一般的になっているクレジットカード、あるいはデビットカードは、オンライン・ギャンブルへの支払い方法としても最も人気がある。

クレジット・デビットカードによるギャンブル

クレジットカードとは一般に、文字通り「クレジット(信用)」取引である。クレジットカード会社がまず業者に支払いを行い、少し日をおいてクレジットカードの持ち主に請求がいく。大抵のクレジットカードは使用に対し手数料・利子を課す。最初に知られたクレジットカードはバンク・オブ・アメリカによる「BankAmericard」で、1958年のことだ。

一方デビットカードは、資金が支払う人の口座から直接引き抜かれるという点で違う。ただ大抵支払いに数日だがラグがあるというのは似てる。デビットカードによる支払いは、口座に十分な資金が無い場合お断りとなる。登場したのは1980年ごろようやくと言われている。

クレジット・デビットカードによる支払いはこれまでオンライン・ギャンブルにおける最も人気のあるデポジット方法(あるいは引き出し方法)である。業者のトップはビザ・マスターカードであり、ディスカバー・ダイナーズクラブ・JCB・アメリカンエキスプレスなども活躍している。